水原武器庫

これをこうしてこうだ

アイドルがスタッフを「大人」と呼ぶのに違和感がある

 AKBの劇場公演やSHOWROOMでの動画配信を見ていると違和感を覚えることがあります。

メンバーがスタッフのことを「大人の人たち」と呼んでいることです。しかも、20歳を超えたメンバーも。

f:id:mizuharabukiko:20170601200634p:image

 

前からの癖で

スタッフを「大人」と呼ぶメンバーの気持ちを考えてみましょう。

AKB48のに加入するのは、たいていメンバーが中学生高校生の時です。その頃のメンバーからしてみればスタッフは「大人」という認識なのでしょう。また、自分の年齢的にも、まだ20歳未満で「子供」です。そのためスタッフを「大人の人たち」と呼びます。

その意識のまま、時間が経ち中堅ベテランメンバーになってもスタッフを「大人」と呼ぶのでしょう。

 

自分たちが大人になれていない

スタッフを「大人」と呼ぶアイドルは、癖で何の気なしにそう呼んでいるのかもしれませんが、もしかしたら無意識にこんなことを思っているのではないでしょうか。「自分たちはまだ大人ではない子供だ」と。

確かに年齢的にみればスタッフと比較してまだまだ子供です。しかし、アイドルは職業としてファンを楽しませお金をもらう存在です。そのことに大人も子供も関係ありません。

スタッフを「大人」と呼ぶメンバーには、自分がまだ子供だから、アイドルとしていい加減な仕事をしても許される、そんな意識が「大人」という言葉の裏に潜んでいるのではないでしょうか。

 

 

関連記事

mizuharabukiko.hatenablog.com