水原武器庫

これをこうしてこうだ

馬嘉伶のSHOWROOMを見るために、日本語を見直す

AKB48チームBには台湾留学生の馬嘉伶というメンバーがいます。馬嘉伶はSHOWROOMという動画配信サービスで毎日生配信していて、筆者は毎日見ています。

配信の中で、馬嘉伶が視聴者に日本語を教わることがあるのですが、気になる点があります。視聴者が教えた日本語が正しいとは限らない点です。そして、そのことが馬嘉伶に混乱を与えているという点です。

f:id:mizuharabukiko:20170602123455j:image

 

アクセントの例

馬嘉伶は、日本語のアクセントについて質問する時がよくあります。筆者は、なるべくNHKのアクセント辞典で調べて標準語のアクセントを教えようと努めています。しかし、アクセントは地方によって異なり、馬嘉伶に混乱を与えてしまいます。

また、アクセントの表記も人によって異なります。例えば「橋」という単語。筆者は「は↑し↓」と表記していますが、「はし↑」や「はし→」など人によって様々です。統一されていない日本語の表記方法も馬嘉伶に混乱を与えてしまいます。

 

視聴者の日本語の勉強も必要

SHOWROOM視聴者の多くは日本人で、日本語を母語としています。我々は、あくまで日本語を母語としているだけで、日本語のプロではありません。外国語として日本語を学ぶ人たちに日本語を教えるためには、標準語としての正しい日本語をもう一度学び直さなければなりません。

 

関連記事

mizuharabukiko.hatenablog.com