水原武器庫

これをこうしてこうだ

意味の無いブログタイトルはやめよう

2017年4月22日にブログを始めてから1ヶ月以上が経った当ブログ。月のPV数は300強とブロガー番付ではまだまだビギナー中のビギナーです。

 

そんな弱小ブログではありますが、6月4日にブログのタイトルを変更いたしました。旧タイトル「水原武器庫」から、新タイトル「20代アイドルファンのブログ」に変わっていると思います。

f:id:mizuharabukiko:20170605143816j:image

 

なぜタイトルを変更したのか

 旧タイトル「水原武器庫」をなぜ変更したのか。簡単に言えば、「水原武器庫」では、なんについてのブログか分からないからです。

水原武器庫という名前は、モデルの水原希子に「ブ」をつけたもので気に入っていました。しかし、水原武器庫という名前で、読者に何の内容のブログだか伝わりますか? 少なくとも筆者は思いません。そのため、一発で何についてのブログかわかる「20代アイドルファンのブログ」にタイトルを変更しました。

 

差別化を考える

新しいタイトルは「20代アイドルファンのブログ」です。もともとアイドル関連の情報を書くブログだったので「アイドルファンのブログ」はすぐ決まりました。しかし、アイドルファンのブログはこの世界中にいくつも存在するため、差別化が必要です。そのため、頭に「20代」という言葉をつけました。筆者自身が20代であるからです。

今後は、20代として他のアイドルブログとの差別化を図っていきたいと思います。

 

変態船長こと岡田奈々はできるやつ

 2016年10月10日に設立が発表された、瀬戸内7県を舞台にした船上劇場STU48。船上で公演を行うグループのキャプテンにはAKB48チーム4の岡田奈々が就任しました。

f:id:mizuharabukiko:20170604130918j:image

 

変態船長

そんな岡田奈々は、2017年5月24日の日刊スポーツの質問にこう答えています。

Q. 自分自身を表したり、自分にふさわしいと思う検索ワードは?

A. 変態船長

 ズバリというべきでしょうか。自分自身がどう見られているのか、一言で完璧に言い表せています。

 

Twitterでメンバーを紹介

そんな岡田奈々は、変態船長の名の通り変態ではあるものの、船長としての役目もしっかり果たしています。

以前から言われていましたが、岡田奈々はかなりの真面目でハキハキと喋り、リーダーとしての求心力はバッチリです。

また、Twitterでは、STU48のいろいろなメンバーと写真を撮りアップしているので、メンバーの知名度アップも考えています。(それに比べてどこぞの総監督は……)

 

 

素晴らしい変態船長が舵をとるSTU48。今後の活動に注目です。

 

関連記事

mizuharabukiko.hatenablog.com

アイドルがスタッフを「大人」と呼ぶのに違和感がある

 AKBの劇場公演やSHOWROOMでの動画配信を見ていると違和感を覚えることがあります。

メンバーがスタッフのことを「大人の人たち」と呼んでいることです。しかも、20歳を超えたメンバーも。

f:id:mizuharabukiko:20170601200634p:image

 

前からの癖で

スタッフを「大人」と呼ぶメンバーの気持ちを考えてみましょう。

AKB48のに加入するのは、たいていメンバーが中学生高校生の時です。その頃のメンバーからしてみればスタッフは「大人」という認識なのでしょう。また、自分の年齢的にも、まだ20歳未満で「子供」です。そのためスタッフを「大人の人たち」と呼びます。

その意識のまま、時間が経ち中堅ベテランメンバーになってもスタッフを「大人」と呼ぶのでしょう。

 

自分たちが大人になれていない

スタッフを「大人」と呼ぶアイドルは、癖で何の気なしにそう呼んでいるのかもしれませんが、もしかしたら無意識にこんなことを思っているのではないでしょうか。「自分たちはまだ大人ではない子供だ」と。

確かに年齢的にみればスタッフと比較してまだまだ子供です。しかし、アイドルは職業としてファンを楽しませお金をもらう存在です。そのことに大人も子供も関係ありません。

スタッフを「大人」と呼ぶメンバーには、自分がまだ子供だから、アイドルとしていい加減な仕事をしても許される、そんな意識が「大人」という言葉の裏に潜んでいるのではないでしょうか。

 

 

関連記事

mizuharabukiko.hatenablog.com

馬嘉伶のSHOWROOMを見るために、日本語を見直す

AKB48チームBには台湾留学生の馬嘉伶というメンバーがいます。馬嘉伶はSHOWROOMという動画配信サービスで毎日生配信していて、筆者は毎日見ています。

配信の中で、馬嘉伶が視聴者に日本語を教わることがあるのですが、気になる点があります。視聴者が教えた日本語が正しいとは限らない点です。そして、そのことが馬嘉伶に混乱を与えているという点です。

f:id:mizuharabukiko:20170602123455j:image

 

アクセントの例

馬嘉伶は、日本語のアクセントについて質問する時がよくあります。筆者は、なるべくNHKのアクセント辞典で調べて標準語のアクセントを教えようと努めています。しかし、アクセントは地方によって異なり、馬嘉伶に混乱を与えてしまいます。

また、アクセントの表記も人によって異なります。例えば「橋」という単語。筆者は「は↑し↓」と表記していますが、「はし↑」や「はし→」など人によって様々です。統一されていない日本語の表記方法も馬嘉伶に混乱を与えてしまいます。

 

視聴者の日本語の勉強も必要

SHOWROOM視聴者の多くは日本人で、日本語を母語としています。我々は、あくまで日本語を母語としているだけで、日本語のプロではありません。外国語として日本語を学ぶ人たちに日本語を教えるためには、標準語としての正しい日本語をもう一度学び直さなければなりません。

 

関連記事

mizuharabukiko.hatenablog.com

SKE劇場の遠方枠の座席が悪かった

先日、SKE48チームS重ねた足跡公演に行ってきました。

筆者は遠方枠で後の方の番号で入場しました。そのため残っていた席が遠方枠の一番右手端の席だけだったので仕方なく、その席に座りました。

ただ、その席が最悪だったのです。

f:id:mizuharabukiko:20170602172826j:image

 

スピーカーの目の前だった

ワクワクしながら始まったoverture。何だか違和感があります。音が、異様に、デカい! SKE劇場には以前も来たことがありましたし、他の劇場にも行ったことがあります。それらと比べても、その日の音は一段とデカい。よくよく見てみると、スピーカーが目の前にドンとあったのです。

あまりの音量に、途中で気分が悪くなって来てしまいました。それだけならまだ我慢できました。しかし、その日は後ろの席にかなりの大声でコールをする方が座っていたため、前から大音量の曲、後ろから大音量のコールに挟まれてしまいました。

途中退出しようかとも考えましたが、なんとか最後まで耐えることができました。

 

遠方枠は早く受付を済ませるべき

情報によれば、SKE劇場の遠方枠は、早く受付を済ませれば、その分若い番号が割り当てられて、早く劇場に入れるようです。早く入れれば、筆者のような端のスピーカー真前の席ではなく、中央付近の席に座れるでしょう。

 

SKE48劇場に遠方枠で行く場合は、早めに受付を済ませるようにしましょう。

 

 

 関連記事

mizuharabukiko.hatenablog.com

「いじめられる側にも責任はある」と言え

いじめが原因とみられる自殺が報道される昨今。こんな言葉を聞くことがあります。「いじめられる側にも原因がある」と。

f:id:mizuharabukiko:20170528210345j:image

 

原因があるのは当たり前

いじめられる側にも原因がある。確かにそうでしょう。否定はできません。

火の無いところに煙は立たない。いじめられる側の人間がそこに存在しなければ、彼がいじめられることはないでしょう。

「彼がそこに存在している」それ自体がいじめの原因の一つになっているのです。

「原因の一つ」という言葉を使いましたが、もちろん原因はいじめられる側の人間が存在しているということだけではありません。様々な原因が重なり合っていじめが起こるのです。

 

原因がある≠責任がある

例えば、ある人が歩いていると、大きめの石につまずいて転んでしまいました。この場合、かれが転んでしまった原因の一つは、そこに石が存在していることです。しかし、だからといって、石に責任があるとは言えません。

原因があることと責任があることは、常に一致するとは限らないのです。

 

「いじめられる側にも責任はある」と言え

 では、いじめる側が自分の罪を軽くしたい場合は、何と主張すればいいのでしょうか。「いじめられる側にも原因がある」? 違います。「いじめられる側にも責任はある」と主張しましょう。

もしかしたらいいことがあるかもしれません。

 

関連記事

mizuharabukiko.hatenablog.com

AiKaBuに他グループ銘柄の上場来るか!?

2017年5月30日に投票が開始された第9回選抜総選挙。5月31日の速報発表では、NGT48の荻野由佳が1位になりました。大波乱の幕開けです。

f:id:mizuharabukiko:20170601110818j:image

そんな中、本日6月1日からは、AiKaBuで総選挙応援イベントが開始されました。

イベントの内容は、株取引キャンペーン、上場メンバーランクイン予想などがありますが、注目すべきは、シャメダスに49thシングル選抜総選挙シリーズが追加されたことです。

というわけで、早速シャメダスを回してみました。

f:id:mizuharabukiko:20170601110855p:image

思ったことは2つです。

 

 1.村重杏奈だ!

今までのシャメダスはAKB48のD2メンバー以上だけだったので驚きました。右下をよく見てみると、「上場申請中」と書いてあります。近いうちに、新しくAKB48以外のメンバーの株も上場されるのでしょうか。

 

2.使い回しだ!

 この49thシングル選抜総選挙シリーズは、どう見ても総選挙ポスターの使い回しです。新たな写名刺を撮影するほどの金はないのでしょうか。それとも、今後のお楽しみとして出し惜しみしているのでしょうか。謎が深まります。

 

まとめ

新しいシャメダスが追加されて、他グループ銘柄上場の期待が高まる選挙期間。株取引キャンペーンが株価に市場にどう影響するかも要チェックです。

 

関連記事

mizuharabukiko.hatenablog.com